アウトドアスクウェアTOP
アウトドアクッキング
キャンプ場ガイド
アウトドア特集
アウトドア入門
アウトドアクッキング
メイン料理
お昼につくる料理
スープ・シチュー料理
ごはん系料理
デザート
ダッチオーブン料理
アウトドア市場
全国日帰り温泉ガイド

日帰り温泉ガイド

気軽に立ち寄ることのできる、全国の日帰り温泉施設を紹介します

ガイドを見る
全国味覚狩りガイド

味覚狩りガイド

楽しく採っておいしく食べよう!全国の味覚狩り施設を紹介します

ガイドを見る

アウトドアスクウェア アウトドアクッキング

パエリア


パエリア 材料を用意
  • 米(2ごう、タイ米のほうが良いかも)
  • 有頭エビ(大8匹)
  • アサリ(150g)
  • 白身魚(4切れ)
  • ムール貝(4個)
  • ゆでタコ(足3本)
  • 鶏ガラスープ(3カップ)
  • 白ワイン(100cc)
  • オリーブ油
  • サフラン
  • パプリカ(粉末)
  • XO醤
  • ハマグリ・いか・トマト等、具は自由です

さあ、つくろう!
  1. アサリを砂抜きをして、ボウルの水の中で、貝が潰れるくらいに強く手で数分モミ洗いします。 続いてムール貝をタワシで洗い、尻に付いている糸状の足糸を引き抜きます。 洗った後は、アサリ、ムール貝をザルにあけておきます。 エビは背ワタを抜き、魚、タコは一口大に切ります。
  2. 水3カップを煮立てて、サフランひとつまみ、鶏ガラスープの素、XO醤小さじ半分を入れて溶かします。 10分ほど置いておくと、サフランの色が良く出てきます。
  3. 蓋付き鍋を熱く熱して、アサリ、ムール貝を入れて(油は敷きません)、すぐに白ワイン100ccを入れて蓋をして強火で3分ほど蒸します。 貝が開いたら、火から降ろして蓋をしたまま、置いておきます。(貝の煮汁は捨てないでください) 
  4. 熱くしたパエリア鍋にオリーブ油を敷き、白身魚(皮の方から)、エビを強火で炒めます。炒めたエビと魚を皿に取っておきます 
  5. 同じパエリア鍋に再びオリーブ油を入れ、細かくミジン切りにしたニンニクを中火で炒めます。 続いてパプリカを小さじ半分加えて、油に溶かし込みます。  ニンニクが薄くキツネ色になったら、強火にして米を加えます。(米は洗わないで、そのまま入れます)
  6. 米が透明になるまで炒めて、先に作っておいたサフラン入りのダシ汁を加えます。
  7. そして、これに先ほどの貝の煮汁を加えます。(キッチンペーパーでよく濾し取ってからのほうが良い)
    それから塩、コショウで味を整えます
  8. 白身魚、エビ、タコを並べ、火加減を中火にして、12〜15分ほど米を炊きます。 (米の炊き加減を確認して、途中で水を加えるなり、調整して下さい)
    炊き上がれば、貝を並べて、刻んだパセリをふりかけ(あれば)、アルミホイルで蓋をして、10分ほど蒸らして出来あがり。


料理が楽しくなるアウトドアグッズを選ぼう! (ナチュラム社提供)   
iconicon コールマン パワーハウスLPツーバーナーicon
収納時の厚さが約5.5cmと従来のモデルに比べて格段とスリムになったLPツーバーナー。LPガスを燃料とする為、非常に取扱いが簡単。
このツーバーナーは、なんと!汁受け部にフッ素樹脂加工を施しているので、掃除がとっても楽です。キャンプが終わった後の、かたずけは簡単に済ませたい物です。
iconicon ファミリークッカー ユニフレーム fan5duoicon
一つ一つが形状、材質はもちろん、2〜3人のためのサイズにこだわった5つのクッキングウェア。二人きりのキャンプでも本格料理を存分に楽しめます。使いやすさを犠牲にせず、収納性をどこまでも追及しました。
iconicon コールマン ハンギングドライネットicon
コールマン超便利アイテム、通常は食器乾燥や魚干し網として使用されますが、使い方は様々です。POP UP式なので簡単セット、簡単収納・風通しのよいメッシュ素材・小物の収納にも便利・フックと紐の使い分けにより、スペースがない時にどこでも引っ掛けれます。


アウトドアクッキングTOPに戻る ページトップへ戻る

   
パエリア
タコライス
ドライカレー
枝豆ごはん
イカめし

 
 
Copyright(C) 2012 OutdoorSquare All Rights Reserved.