水族館の紹介

和歌山県立自然博物館は、豊かで美しい和歌山県の自然を紹介する施設として、水にすむ生きものの展示を中心に、動・植物、昆虫、貝、化石などの標本も展示・収蔵し、興味を持って楽しみながら学習できるようになっています。また、研究や教育普及活動を通じ、地域に親しまれる博物館をめざしています。

水族館で見られる生物たち

マダラトビエイ、ロウニンアジ、タカアシガニ、ナガレホトケドジョウ、紀伊半島の海に住む魚など。

営業時間

通年(月曜日・年末年始除く)
9:30〜17:00(入館は16:30まで)

料金

大人/460円、高校生以下/無料

所在地

和歌山県海南市船尾370-1  GoogleMap

ホームページ

http://www.shizenhaku.wakayama-c.ed.jp/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。