水族館の紹介

のとじま水族館では能登半島沿岸に生息する生物を中心に約500種4万点の生物を飼育している。華麗な演技のイルカ・アシカショーをはじめ、マダイの音と光の世界(当館オリジナルショー)、ペンギンのお散歩タイム、ラッコの食事タイムなども見逃せない。さらに2007年春にオープンした新トンネル水槽「イルカたちの楽園」など見どころがいっぱい。また、一年を通して楽しめるイルカとの触れあい(料金別途、定員あり)は1日4回実施されている。

水族館で見られる生物たち

イルカ、アシカ、ラッコ、ペンギン、アザラシ、スナメリ、能登半島沿岸に住むキュウセン、スズメダイ、メバルなどの魚類、日本海の深海に住むホッコクアカエビ(アマエビ)、ズワイガニ、ザラビクニンなど。

営業時間

1/1〜12/28
9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで、時期により変動あり)

料金

大人(高校生以上)/1320円、小人(小・中学生、3歳以上の幼児)/400円

所在地

石川県七尾市能登島曲町  GoogleMap

ホームページ

http://www.notoaqua.jp/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。