水族館の紹介

「海洋科学博物館」の水族館部門は博物館の建物の一階にあり、350種を越える海の生きものを飼育しています。展示方針は、主として駿河湾にすむ多種多様な動物を対象とし、日頃良く目にする魚なのに、泳ぐ姿を見ることができなかった魚たち・・・カツオ・マグロやイワシなど・・・、を飼育すること。背骨のない種々の無脊椎動物、そして深海動物の飼育展示。次に、博物館内で繁殖させた世界のクマノミのうち、約18種類を集めた「くまのみ水族館」や駿河湾の深海生物標本、約160種を展示している。リュウグウノツカイやラブカ、チョウチンアンコウなど非常に貴重な標本は必見です!

クマノミ水族館
クマノミ水族館
駿河湾の深海生物展示場
深海生物展示場

水族館で見られる生物たち

アカエイ、シロワニ、マダラトビエイ、ドチザメ、アケボノチョウチョウウオ、ツバメウオ、クマノミなど350種。

営業時間

通年(火曜日・年末年始除く)
ただし、正月、春休み、ゴールデンウィーク期間、および7月〜8月は無休
9:00〜17:00

料金

大人(高校生以上)/1500円、小人(4歳以上)/750円

所在地

静岡県静岡市清水区三保2389  GoogleMap

ホームページ

http://www.umi.muse-tokai.jp/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。