水生物館の紹介

井の頭恩賜公園の一角にある井の頭自然文化園。1934年に設けられた小動物園が母体です。本園と分園にわかれており、本園には動物園、植物園、熱帯鳥温室、彫刻園、童心居、資料館、遊園地が、分園には水生物館、水鳥舎などがあります。水生物館では、身近に生息する日本の生物を展示しており、水生生物に関する特設展なども行なっています。

水生物館で見られる生物たち

トウキョウサンショウウオ、オオサンショウウオ 、淡水魚、水生昆虫など。

営業時間

通年(毎週月曜日年末年始除く)
ただし、月曜日が祝日・都民の日にあたる場合は、その翌日が休園日
9:30〜17:00(入園は16:00まで)

料金

大人/400円、中学生/150円、65才以上/200円
小学生以下、都内在住・在学の中学生無料(中学生は生徒手帳を持参のこと)

所在地

東京都武蔵野市御殿山1-17-6  GoogleMap

ホームページ

http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。