水族館の紹介

市立室蘭水族館は、昭和28年6月に開館した北海道で最古の水族館です。室蘭市の鯨解体工場のあとに北海道初の水族館として開館し、室蘭近郊や北海道内、本州方面に生息する珍しい熱帯魚など約130種、4000点が飼われています。室蘭の西部に位置する水族館は、東日本最大のつり橋、室蘭港を一望できる白鳥大橋のふもとにあり、近隣施設には、白鳥大橋記念館みたら、パークゴルフ場、室蘭温泉ゆらら、屋台村、くじら、イルカウォッチングができるエンルムマリーナなど家族で一日中楽しめる遊々街道の中にあり、室蘭でも有名な観光スポットになっています。

水族館で見られる生物たち

ペンギン、アザラシ、トド、ペンギン、オオサンショウウオ、アブラボウズ、オオカミウオ、電気ウナギなど。

営業時間

4/27〜10/14
9:30〜16:30(時期により変動あり)

料金

大人/300円、小人(中学生まで)/無料、70歳以上/無料

所在地

北海道室蘭市祝津町3丁目3番12号  GoogleMap

ホームページ

http://www.kujiran.net/aquarium/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。