水族館の紹介

世界のサケ科魚類約30種類を大小様々な水槽で展示している。なかでも魚道水槽では時期により、回帰したシロザケのダイナミックなそ上や大型水車による捕獲、感動的な産卵行動等貴重なシーンが観察できる。また、9〜10月はそ上の最盛期となるので、標津川観覧橋からも雄大なサケのそ上が観察できる。サケ以外にも、手足の角質を食べてくれる「ドクターフィッシュ」やクリオネなども展示しており、幅広い年齢層が楽しめます。

標津サーモン科学館
流氷の天使クリオネ
標津サーモン科学館
魚道水槽

水族館で見られる動物たち

イトウ、オオカミウオ、ダウリアチョウザメ、ヌマガレイ、クリオネ、フサギンポなど。

営業時間

2月〜11月(水曜日除く)ただし5月〜10月は無休
9:30〜17:00:(入館は16:30まで)

料金

一般/610円、70歳以上/500円、高校生/400円、小中学生/200円

所在地

北海道標津郡標津町北1条西6丁目1番1-1号  GoogleMap

ホームページ

http://www.shibetsu-salmon.org/



るるぶにっぽんの水族館 海のなかまが大集合
全国の水族館から157施設を掲載。ショーやイベント、水族館のタイプ、見られる生き物等、目的に応じて水族館を検索。カテゴリー別大図鑑では、悠々と泳ぐジンベイザメや躍動感あふれるイルカショー、多種多様な魚が見られる大型水槽など、迫力ある写真も。水族館プロデューサー・中村元さんのインタビュー、映画やドラマのロケ地になった水族館などの情報も満載。